日勤が魅力の訪問ナース転職希望者の本音

fhsjdh

お手伝いさんのような仕事もある?

fhsjdh

訪問ナースは、日勤の仕事がメインになります。

朝9時くらいに目的のお家に行き、
家の人に軽く挨拶をして介護者の体調がどうか、
前の日はよく眠れたのかなど状況把握をします。
 

また、話ができる人であればお話の相手をしたり、
寝たきりになってしまった人はお風呂に入れる事が出来ないので、
温かいタオルで体を洗ってあげたり髪を洗ったりします。

娘や息子にこういうことをされたくない親も多いでしょう。
そこで、他人である看護師にお願いをすることで
お互い親子で嫌な思いをしなくていいのです。
 

ご飯を食べさせたり、歯を磨いてあげたり、
洗濯をしたりとお手伝いさんのような仕事もします。

 

 

マイペースな人向きな仕事

少しでも介護してもらっている人に
楽しく過ごしてもらえるように、
和やかな雰囲気作りをすることも必要です。

転職して日勤の仕事になり、
自分の時間を作ることができたという人もいるでしょう。
 

しかし、容体が悪化したりして
緊急で現場に向かわなければならないこともあります。

そういうことは稀なので朝から夕方までお世話をして
夜は帰宅というサイクルがメインです。
 

自分のペースで仕事をすることができるので
マイペースな人向き
なのかもしれません。
コミュニケーションがうまく取れる人が理想です。

 

 

需要が高まっているお仕事

qwefsefd

看護師の方で転職をお考えの方、
訪問ナースという仕事をご存知ですか。

結婚や出産などを機に、今までの経験を活かした、
違う働き方をしたいという方に、正社員ではなく、
日勤のお仕事でも、高収入が得られます。

 

訪問ナースというお仕事は、
在宅療養者や老人ホームなどに、自宅から直接訪問して、
バイタルチェックや服薬管理に加え、

カテーテル・チューブ・医療器具管理や
床ずれ処置などの看護やケアをするお仕事で、
高齢社会の現代では、年々需要が高まっているお仕事です。

 

 

週2,3回でも大丈夫?

訪問看護のメリットは、時間が決まっていて、
夜勤なども無く、週に2~3回からでも始められるので、
小さいお子さんがいたりしても融通が利きやすいという事があります。

また、大手の事務所では、研修が充実していて、
チームで担当している所も多く、
 

現場で一人でも大丈夫だと判断されるまで、
先輩ナースが同行してくれるという点も、安心です。

子育てが一段落して、ブランクがある方でも、
日勤であれば無理なく始められ、
いずれ正社員を目指すことも可能です。
 

土日休みや17:30には帰宅出来るところも多く、
仕事も、子育ても、プライベートも充実できる訪問看護に
転職を考えてみてはいかがでしょうか。